Xperia Active(ST17i) の 紹介

せっかく昨日ブログ更新もしたし、最近、お気に入りの Xperia Active の紹介もしてみます。
Xperia Active, 一言で言うと、小さくてタフな Android スマートフォン。
そのタフさっぷりは、動画で確認してみた方が早いです。

たとえば、ジープで轢いても無問題。

ナイフで引っ掻いたり、ペンチで殴ったりしても、大丈夫。

水中だって、なんのその。

と、まぁこんな Actvie ちゃんなら、お風呂場でガシガシ使えるわけです。
軽くスペックを確認しますと、

  • OS:Android 2.3(4.0 ヘバージョンアップ可)
  • サイズ:92.0 x 55.0 x 16.5 mm
  • 重さ:約110.8g
  • ディスプレイサイズ:3.0インチ、解像度320×480(HVGA)
  • ディスプレイ:TFT LCD、16Mカラー、静電容量式、マルチタッチ、モバイルBRAVIAエンジン、キズ防止加工の表面パネル
  • チップセット:Qualcomm MSM8255 1GHz
  • GPU:Adreno 205
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:1GB(実質380MB)
  • マイクロSD:32GBまで対応
  • リアカメラ:500万画素CMOS、720pHD@30fps
  • フロントカメラ:なし
  • 対応周波数(ST17i):GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(900/2100)
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
  • 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB
  • バッテリー:1,200mAh
  • 連続待受時間:335時間(3G)、331時間(GSM)
  • 連続通話時間:5時間31分(3G)、4時間53分(GSM)
  • 防水:対応
  • 防塵:対応

ちなみに、ST17i は国際版ですが、ST17a という北米版もあります。
ST17a だと、対応周波数がWCDMA(800/850/1900/2100)となり、FOMAプラスエリアがごにょごにょ。

ともあれ、自分のようなサブ用途的には、ST17i で十分です。
日本で発売されてる機種だと、サイズは Sony Ericsson mini に近いですね。
バッテリーも共通の EP500 となっています。

次は、root 化手順とかについて、エントリーしようかな。

シェアする

フォローする